バナー

期間工をやることのメリット

期間工は企業に雇用されて、期間限定で働く契約社員のことを言いますが、期間工になって働きたいという方の立場は様々です。

正社員でなくていいから、一定期間働いて収入を得たい人、正社員にはなれなかったから、とにかく働いて収入を得たいというフリーターの人、普通に就職することは難しかった外国人労働者、正社員になるためにまずは期間工をがんばろうと思っている人、期間工一つのワードからでも、様々な思惑の人たちがいます。

特に外国人労働者に関しては、ブラジルなどの南米系の人が多かったですが、最近は中国人やフィリピン人など、アジア系の外国人労働者も増えてきています。



企業側は一年中ピークの量を製造するわけではありません。



当然ながら、時期によっては繁忙期や閑散期があります。

企業側が人手を欲するのは、繁忙期です。


その繁忙期の間だけの雇用ができれば、人件費の高騰を抑えられるので、企業側にもメリットがある雇用のかたちなのです。

だからといって、雇用される側には何もないというわけではありません。

livedoorニュース情報の比較検討にオススメの情報を集めました。

まず、こういった雇用のかたちをとる企業は、大手が多いということです。

特に、大手自動車メーカーに多いようです。


そのため、普通の企業の契約社員よりは、収入が多い場合もあります。

また、契約社員なので、企業側に直接雇用されるかたちとなります。

つまり、雇われる方のがんばりによっては、正社員登用の道がひらける可能性があるのです。

それが期間工のメリットの一つと言えます。